NEWS

ニュース・リリース情報

NTTぷららが「ひかりTVどこでも」アプリにパケットビデオのTwonky SDKを採用

2015.04.10

~ STBに録画したテレビ番組や放送中のテレビ番組の視聴が可能に ~
世界の主要な通信事業者やコンシューマ・エレクトロニクス企業が提供する商品やサービスを通じてリッチ・メディア体験を提供する世界的リーダーであるパケットビデオ(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Mark Tapling)は本日、日本の主要な映像配信サービス・プロバイダであるNTTぷららがひかりTV(http://www.hikaritv.net/)加入者向け「ひかりTVどこでも」アプリ(Android版/iOS版)にパケットビデオのTwonky SDKを採用したと発表しました。これにより、NTTぷららのひかりTV対応チューナー(STB)※と「ひかりTVどこでも」アプリ間の連携を実現しています。(※対応機種は、ST-4100/ST-3200/AM900の3種です。)

DLNA/DTCP-IP対応のTwonky SDKを採用した「ひかりTVどこでも」アプリにより、ひかりTVをご利用のお客様は、スマートフォンやタブレットにて、STBに録画したテレビ番組や放送中のテレビ番組を屋内でお楽しみ頂けます。更に、録画番組をダウンロードしてオフラインで再生することも可能です。
NTTぷららの取締役技術本部長である永田勝美氏は次の通り述べています。「パケットビデオのTwonky SDKを採用した「ひかりTVどこでも」アプリは、お客様にプレミアム・コンテンツを素早く簡単にお楽しみ頂ける新しいストリーミング機能を提供します。これにより、ひかりTVをご利用のお客様に更に優れたユーザ・エクスペリエンスを提供し、様々なハイビジョン番組をお楽しみ頂けるようになりました。」

パケットビデオのCEOであるMark Taplingは次の通り述べています。「弊社の大切なお客様であるNTTぷららと共同で、パケットビデオのストリーミング技術によりひかりTV加入者の皆様がプレミアム・コンテンツをより簡単に視聴できる「ひかりTVどこでも」アプリの開発に取組むことができて光栄です。パケットビデオは、Twonkyの発表以来10年以上に渡ってお客様と共にこのような革新と協業に取組んできました。そして、今後も皆様にお楽しみ頂ける新しく魅力的なリッチ・メディア体験を提供するべく努力して参ります。」

【NTTぷららについて】NTTぷららは、映像配信サービス「ひかりTV」、インターネット接続サービス「ぷらら」を主に提供しています。「ひかりTV」は、高画質の専門チャンネルや充実したビデオオンデマンド(VOD)をはじめ、ショッピング、音楽配信、クラウドゲームなど多彩な新サービスの拡大やマルチデバイス対応を拡充し、会員数は2015年3月に300万会員を突破しました。また、2014年10月より国内初の4KによるVODサービスを開始しています。「ぷらら」は、光回線から高速モバイル接続までさまざまな接続形態に対応。特にセキュリティサービスに力を入れており、安心・安全なインターネット利用を推進しています。当社は、創業当初より「お客様中心主義」を経営の基本としており、今後も高品質なサービスを提供していきます。

【パケットビデオについて】1998年に設立されたパケットビデオは、世界中で革新的なデジタル・メディア・ソリューションを提供しており、モバイルやコンシューマ機器、そして各種サービスに信頼性とパフォーマンスを提供しています。パケットビデオの先進的なデジタル・メディア・ソリューションにより、通信事業者やサービス提供者は製品やサービスに高付加価値を付けることが可能となり、コンシューマはよりリッチなメディア体験を享受することができます。尚、パケットビデオ・ジャパンは、このパケットビデオ(www.pv.com)の子会社となり、株式会社NTTドコモのグループ会社です。
【お客様/報道関係者からのお問合せ先】Email: info@pv.com

将来予想の記述に関する注記
このプレスリリースには、1995年私募証券訴訟改革法で定められたリスクと不確定性を伴う「将来予想の記述」が含まれています。将来予想の記述が実現されるという保証はなく、実際の出来事または結果はそうした記述によって予想された出来事または結果とは大きく異なる可能性があります。実際の出来事または結果が大きく異なる原因になりうる重要な要素については、NTTドコモの米国証券取引委員会(SEC)への申告において詳しく述べられています。これらの文書はSECのウェブサイト(www.sec.gov)で入手できます。パケットビデオは、当該法規によって要求される場合を除き、その後の出来事または状況の変化を反映するために、将来予想の記述を最新の情報に更新することを確約しません。